ホーム > スキンケア教室 > セサミオイル1つで、お肌も髪もキレイになれるってほんと?-日焼け対策編

セサミオイル1つで、お肌も髪もキレイになれるってほんと?-日焼け対策編

こんにちは!ミロビーナ代表の、のんこ店長です。

前回は、セサミオイルでのディープクレンジングについてお話ししました。

さて今回は、これまでに

・朝晩の保湿オイルとして
・マッサージオイルとして
・クレンジングオイル
・ディープクレンジング

まで、お話ししたので、「日焼け止めと編」をご紹介させていただきますね。

その後は、

・日焼けしてしまったときのケアオイルとして
・頭皮ケア、ヘアケアとして
・デトックスマッサージ用のオイルとして

を予定しています。

日焼け止めクリームは「必要悪」

日焼け対策を考えたときに、紫外線はシミや肌老化の原因になるということで、とにかく100%防ぎたい!という気持ちとっても分かります。

その手段としての日焼け止めですが、お肌を美しく保つために使っているつもりが、逆効果になっているということもある事を知っておいてほしいなと思います。

日焼け止めが活躍する夏は、汗との戦いです。日焼け止めとは、紫外線からお肌を守るバリアですから、少しでも崩れて隙間が生まれるとそこから紫外線が入り込んでしまい、日焼け対策としては失格です。

そのため、普通日焼け止めは汗水に強くて崩れにくく、そしてお肌にぴったり密着するように出来ています。その結果、お肌は日焼け止めという皮膜に覆われた状態になってしまいます。

また、そのためほとんどの日焼け止めには添加物が使われていて、肌荒れを引き起こすこともありますので、注意が必要です。

日焼け対策は、日焼け止めだけじゃない

ということで、日焼け止めは、紫外線をしっかり防いではくれますが、

・合成化学成分が使われていることがとても多い。→肌荒れと老化の原因
・お肌に住む常在菌にダメージが上手く働いてくれない→肌荒れの原因
・ターンオーバーがスムースに進まない →老化の原因

という、困った一面を持っています。

なので、日焼け対策には、日傘や帽子で物理的に紫外線を防ぐことを基本として、日焼け止めは長時間外出する時や、帽子や日傘でも水面や地面からの反射が強い時などの、

「必要悪」

として使っていただくのが、賢い使い方です。

そして、帰宅したらすぐに日焼け止めを落とし、化粧水や保湿オイルなどで整えることで、潤いを与えつつ、お肌を落ち着かせてあげてください。

特に敏感肌の方は、日焼け止めの使い方にはより気をつけてあげてくださいね。

私も肌が弱いので、朝のウォーキングでは30分以上歩くので、「必要悪」として、顔や首、腕に日焼け止めを塗って出ますが、帰宅したらすぐに全部洗い流しています。

意外と頼りになる「天然の日焼け止め」セサミオイル

日焼け止めというと、こうした酸化チタンなどを使った物しか効果がないというイメージがありますが、実はそうではありません。

真夏の太陽の下、イキイキと育つ草や木を見たときに、日焼けして枯れているなんてこと、あまりないですよね。

雑草も、どんなに強烈な太陽が降り注いでいても、涼しい顔をして元気に日差しを浴びています。

それは、植物には紫外線を防ぐ効果のある成分が存在するからです。そのため植物由来成分には天然の紫外線防止効果、SPFがあります。

なんとセサミオイルのSPFは、5以上!

セサミオイルにも、高い紫外線防止効果があり、平均SPFは5~10あります。

ですので、朝の保湿にセサミオイルを使うことで、お肌を美しくしながら同時に日焼けも簡単に防ぐことができるんです!

しかも、夜にも使うと、日中に受けたダメージや紫外線の害を寝ている間にケアしてくれる効果まで!

まさに、「日焼け対策といえばセサミオイル」という感じです。

セサミオイルは胡麻から採れますが、胡麻にはゴマリグナン類という、植物界ではもっとも強いグループに入る抗酸化作用があり、紫外線が細胞に入り込んだときに、ちょっと大雑把な説明にはなりますが、そのダメージそのものを無毒化してくれます。

それにより、ゴマの葉っぱたちは紫外線から守られるということになります。

そんなゴマから採れたセサミオイルは、お肌に塗ってあげるとお肌を保湿しながら同時に、紫外線からちゃんとお肌を守ってくれるのです。

ビューティーセサミオイルはのSPFはもっと!

ちなみに、ミロビーナのセサミオイルには、天然酵素が含まれていますが、この酵素がお肌細胞のミトコンドリアに作用して活動を活発にしてくれます。

そのため、普通のセサミオイルはSPF値が5程度なのですが、酵素の働きが加わることでビューティーセサミオイルは、より日焼け止め効果が高くなっています。

それと余談ですが、お肌の潤いもバリアゾーンとなって、紫外線を防ぐ効果があります。ですので、オイルやジェル、化粧水でしっかりお肌が潤った状態にしておくことも日焼け対策として有効です。

その他のSPF値が高い植物オイルやエッセンシャルオイル

ココナッツオイル、ホホバオイル、アルガンオイル、シアバター、そしてセサミオイルなどは、だいたいSPF4~6くらいがあります。

 

なんだか、驚きですよね・・・

 

セサミオイルもそうですが、15分くらいの犬の散歩でしたら、こうしたオイルだけでも問題なさそうです。

 

そして、アロマエッセンシャルオイルにも、SPF効果があり、ラベンダーやペパーミントなどはSPF値が5~6もあります!

 

これは推測ですが、沖縄の月桃という植物も非常に抗酸化成分を多く含んでいるのですが、これは主に紫外線によるダメージをカバーするための物です。ですので、SPF値はラベンダーやペパーミントに負けないくらいあるはずです。

 

月桃から作られたスキンケアを塗っていて、日焼けしなかったというお話も聞いているので、おそらく間違いないと思われます。

 

日焼け対策には、日焼け止めという植え付けられたイメージを、ぜひこれを機に壊して本当にお肌に良い日焼け対策をしてあげてくださいね。

 

ではまた!

酵素とセサミオイルについての動画もご参考に♪

日焼けに強い ビューティーセサミオイル

セサミオイルsesame-oil
酵素も入ったオーガニックセサミオイル ラベンダー入りで効果アップ
月桃plusセサミオイル
月桃エッセンシャルオイル入りで、おそらくもっとも日焼けに強い

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top