ホーム > スキンケア教室 > セサミオイル1つで、お肌も髪もキレイになれるってほんと?-日焼け後のケアオイルとして編

セサミオイル1つで、お肌も髪もキレイになれるってほんと?-日焼け後のケアオイルとして編

こんにちは!ミロビーナ代表の、のんこ店長です。

前回は、セサミオイルでのディープクレンジングについてお話ししました。

さて今回は、これまでに

・朝晩の保湿オイルとして
・マッサージオイルとして
・クレンジングオイル
・ディープクレンジング
・日焼け対策として

まで、お話ししたので、「日焼け後のアフターケアオイルとして」をご紹介させていただきますね。

その後は、

・頭皮ケア、ヘアケアとして
・デトックスマッサージ用のオイルとして

を予定しています。

火傷と同じ日焼、そしてメラニン

紫外線のUVBには強い力があります。

そのためUVBによるダメージを受けた肌は、軽いやけどと同じ状態になり、赤く炎症を起こします。酷くなるとヒリヒリし、皮がむけたり、もっと重症になると水泡ができ、体の免疫が落ちて熱が出たり感染症になることも。(こうなるともう病院に行くしかないので、迷わず行ってくださいね。)

そう、まさに日焼は軽いやけど。そのくらい、紫外線の熱量というのは強いわけですが、人も地球に誕生した時からずっと紫外線と付き合ってきているわけですから、紫外線対策を自動的に行っています。その中で最強の働きをしてくれるのが、メラニン!

紫外線を浴びるとメラノサイトが発動。メラニンを生産して、肌を守ろうとします。

メラニンには、「黒いカーテンを引く」のと同じような効果があり、紫外線がお肌の奥に行かないようにさえぎってくれています。蛍光灯、地面の反射、水面などなど、紫外線は実はあらゆるところに存在しています。

そんな紫外線から自動的に体を守ってくれるメラニン。嫌われがちですが、私たちが生きていくのに重大な働きをしてくれていて、

健康な方なら通常の生活の中で、紫外線でいちいち炎症を起こしたり、水泡ができるというようなことがないのは、メラニンのお陰なのです。

あなたは赤くなるタイプ?黒くなるタイプ?

お肌にとって紫外線による「炎症」とは、ダメージそのものです。特に、日焼ですぐに赤くなる人ほど紫外線ダメージを細胞にダイレクトに受けているので、要注意です。

なので、日焼で赤くなったという時には絶対に放置せず、少しでも早く炎症を鎮めるお手入れが必要です。

赤くなった後に「黒くならない」方は、紫外線に弱いということができます。そいう方は、メラニンをあまり生成できない体質ですので、「黒いカーテンを引く」ことができず、紫外線のダメージを肌の奥にまで届かせてしまうからです。

日焼をすると「すぐに黒くなる」方は、メラニンがしっかりとお肌を守ってくれているので、結果的にたるみやシワなどの肌老化を、赤くなる方に比べてしにくいと言えます。

「わたし、すぐに黒くなっちゃうの~」とお嘆きのあなた。実は、紫外線による老化をしにくいお肌でもあるんですよ。

ただ残念なことに、しみにはなりやすいので、普段から紫外線だけでなく、メラニンを活発にさせるもう一つの理由、「お肌へのあらゆる刺激」を与えないよう、優しくお肌を扱ってあげてくださいね。

そして紫外線を防ぐには、日焼止めももちろん効果的ですが、前回ご紹介したようにセサミオイルなどの植物オイルの中には、高いSPF、紫外線防止効果を持つものがありますので、毎朝晩上手に使って、紫外線に強いお肌にすることが可能です。

日焼あとに!頼もしいセサミオイル

日焼けで赤くなったお肌には、先ほどから書いているように炎症が起きています。ですので、日焼をしたら真っ先に行うケアは冷やすこと。

それも火傷と同じですよね。冷たいシャワーを優しく浴びせたり、暑いところではなく、クーラーの効いた部屋に移ったり、まずは冷やすことで熱ダメージがこれ以上皮膚の奥に伝わらないようにすることが非常に重要です。

だから赤くなった後、放置しないで欲しいのです。

で、お肌を冷やすと同時にやってほしいのはセサミオイルを塗ること。十分冷やせるなら、しっかり冷やした後でもOKです。どうしても冷やせるものがない時も、セサミオイルをたっぷりと優しく塗ってあげてください。

セサミオイルは古くから火傷に良いオイルとして使われてきており、炎症を鎮める働きが極めて高くお肌を守ってくれます。その代わり、繰り返し何度も塗るのがコツです。

セサミオイルは繰り返し塗る

セサミオイルが日焼に良い、もう一つの理由は、セサミオイルには強い消炎作用があり、日焼による炎症を鎮静させようとしてくれるからです。ただ、炎症による熱ですぐに乾いてしまうお肌は潤いのバリアがないため、非常に無防備な状態です。

そんなときは、炎症を鎮静することに加えて、とにかく一時も乾かさないよう保湿力のあるセサミオイルを繰り返し塗って、お肌を保護してあげることも欠かせません。

そしてもう一つ、紫外線を浴びたお肌は、赤くなりにくくメラニンを作れるタイプのお肌でも、必ず脱水状態になっています。

洗濯物も、風通しの良いところに干した場合、3~4時間で乾くところ、日に当てたら1時間程度でカラカラに乾いちゃった、なんていう体験したことありませんか?

そうなんです、紫外線のこのエネルギーは、乾かすのが得意なため紫外線を浴びた時、お肌は必ず潤いが奪われてしまい、砂漠状態になってしまいやすいのです。

セサミオイルは保湿力が高いので、砂漠のようなお肌に潤いを与えることができます。日焼け後はとにかく、セサミオイルを繰り返し塗って乾かさないように気を付けてください。

それと、皮がむけているお肌の場合は特に、無理に皮をはがすのではなく、たっぷりと保湿をしてあげて自然に剥がれるのを待ってください。無理にはがすとお肌を傷めるので気をつけて。

セサミオイル、紫外線で酸化したお肌をレスキュー!

日焼けをしたときにもう一つ気をつけなくてはならないのは、細胞の酸化です。紫外線を浴びると、細胞内に活性酸素が生まれ体を守ろうとしますが、過剰な活性酸素は細胞にダメージを与えます。その結果、深いシワやシミ、たるみなどの肌老化が進んでしまうのです。

強烈な紫外線の下でも、元気に美しく育つセサミ(ゴマ)。そんなセサミから採れたセサミオイルにはセサミンや、セサモール(ゴマリグナン類)、ビタミンEといった非常に強い抗酸化成分が豊富に含まれています。こうした天然の抗酸化成分は、ゴマが自分の体を守るために作っているものです。

活性酸素により酸化した肌細胞に、抗酸化成分の多いセサミオイルでのケアが役立ちます。また、3週間以上、朝晩保湿オイルとして使用していると、紫外線を浴びた時のダメージに強くなることから、メラニンが生成される必要性が薄れ、日焼けしにくくなっていきますので、セサミオイルを毎日のスキンケアに組込んであげることは、白いお肌を守るのにも役立ちます。

セサミオイルで、お肌の生まれ変わりを助ける

紫外線を浴びてメラニンが発生すること自体は、お肌を守るために必要なことで喜ばしいのですが、問題は、私たちのお肌が加齢や間違ったお手入れ、ストレスフルな生活などでお肌の生まれ変わりが遅くなっていることです。

メラニンは通常、役割を終えると最後は角質と一緒に剥がれ落ちてお肌は元の白さに戻りますが、生まれ変わりが遅くなるなど新陳代謝が衰えていると定着し、色素沈着してシミやくすみの原因なってしまいます。

さらに、生まれ変わりが遅くなると、角質細胞が古くなり潤いを保持することができなくなり、お肌の乾燥が進みます。

そうるすと、お肌は柔軟性を失い小じわが大量に発生したり、キメが乱れくすみが悪化します。

さらに、古い角質と皮脂が混ざって固まり毛穴には角栓が発生。そのまま放置すると角栓は黒く酸化して目立つようになるなど、どんどんお肌が汚くなってしまうのです。

セサミオイルには、お肌に必要とされるビタミン、ミネラル、タンパク質などを豊富に、しかもバランスよく含むため、お肌の生まれ変わりを助ける働きにも優れていいます。

日焼をした時だけでなく、常日頃からスキンケアとして使用することで、日焼しにくく、またダメージを受けたお肌を守り、美しい素肌に導くそんなマルチな働きももっているのです。

セサミオイルは、酵素入りが効果的

たくさんのセサミオイルがスキンケア用として売られていますが、オーガニックで低温圧搾であることが、まずはこれらの効果を発揮させるには必要な最低条件です。

オーガニック栽培のゴマには、通常栽培と比べ含まれる栄養成分の量が多いことと、オイルには農薬などが溶け込みやすくお肌に悪影響を及ぼす事もあるからです。

もう一つ、天然酵素入りのセサミオイルは非常にオススメです。酵素は、古い角質を溶かしてキレイにする効果があると同時に、細胞のスイッチを活性化してセサミオイルの効果を高めることができるからです。

ぜひあなたも、透明感に溢れるお肌のために、紫外線対策にも役立つセサミオイルでスキンケアを楽しんでくださいね。

ではまた!

日焼けに強い ビューティーセサミオイル

セサミオイルsesame-oil
酵素も入ったオーガニックセサミオイル ラベンダー入りで効果アップ
月桃plusセサミオイル
日焼けにいい月桃エッセンシャルオイル入り。酵素もたっぷり

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top