ホーム > 健康生活 > 【夜・前編】 100%ナチュラル ミロビーナ生活-幼稚園児がいる家族

【夜・前編】 100%ナチュラル ミロビーナ生活-幼稚園児がいる家族

こんにちは! (有)美ナチュラル、ミロビーナの木川です。

私たちが思う、ナチュラルで、サスティナブルで、エシカルな理想のミロビーナ生活の続き、夜編です!

朝編はこちら

4時に仕事を終えたママは、夕飯用の食材を買ったあと、延長保育をしてもらっている娘を幼稚園に迎えに行きます。

食材は、極力、保存料や人工甘味料などを使っていないものを選びます。絶対に買わないのは、カット野菜。キャベツなどが千切りになって袋に入っているようなあれです。

忙しい時にはすごく便利ですが、まずちゃんとした野菜の味がしない。食育の面でもよくないなと思うのです。

そんなカット野菜は、あらかじめ切られていることでビタミンCや酵素など、大切な栄養成分が流れ出てしまっている上に、殺菌剤などで洗われていることで、体への悪影響も懸念されています。

子どものアレルギーもこうした、人工的なケミカルな成分を常日頃体に入れてしまっていることは、無関係ではないと直感的に感じ、極力そういう事には気を付けています。

便利な物ほど・・・一度立ち止まって考えてみる必要性ってあると思うのです。

そして・・・ようやく家に到着!幼稚園では風邪が大流行中!風邪の菌は衣服について、玄関から家に侵入しますので、玄関に置いてある抗菌力のあるアロマのスプレーを玄関にシュシュ。娘は喜んで「いい香り~」とはしゃいでいます。

そしてそのアロマスプレーの香りの中を通って、家に上がります。そうすると、いい香りでリフレッシュしながら、衣服についた菌を抗菌できるんです。これは、以前に参加したアロマテラピーレッスンで、先生から教わった楽しい方法です。

その後は手洗いと、うがい。子どもが小さいので、ハンドソープだと簡単に洗えるのですが、この家ではハンドソープやボディーソープは使いません。

また、殺菌作用のあるハンドソープも使う事はありません。

手洗いはすべて純石鹸です。ぬるま湯で石鹸を取ってくるくる回して泡立てて洗います。

小さい子には少し難しいけれど、これも手を使う練習になります。手と脳はつながっているので、つるつる滑る石鹸を一生懸命掴むことは子供の成長にも良いと思ってやっています。

それに、ハンドソープやボディーソープは基本的に合成界面活性剤が使われていて、お肌を徐々に溶かしてバリアゾーンを壊してしまうので、使いません。ハンドソープを愛用している妹の家族は、手荒れで悩んでいると言いますが、石鹸に変えればそれも治まるんじゃないかな・・・。

また、合成界面活性剤は皮膚から体内に入り込み、しかも体の奥まで届いてしまう上、分解されず蓄積されてしまうので、それも心配しています。

また、幼稚園にも置いてありますが、殺菌効果のあるハンドソープや石鹸。これも絶対に使いません。

そもそも、ばい菌は非常に小さく、また皮膚が大変薄いので、石鹸の界面活性力で簡単に細胞を壊すことができます。なので、殺菌剤で過剰な攻撃をする必要など全く必要がないのです。

さらに、人工的な殺菌剤は、耐性菌を生むことにもつながり、自分の皮膚に住んでいる必要な常在菌も弱らせてしまうので、石鹸での手洗いで十分。過剰な抗菌は良くないことという事を、このママはよくわかっています。しかも、その水は川や海にも流れ込み、大切な菌たちを弱らせてしまう可能性もあるのです。

石鹸は薄まるとそこまでの悪さはしませんし、すぐに成分分解され自然界に戻っていきます。

ママは次に、お風呂洗いです。お風呂は重曹を水で溶かしたスプレーを使って洗います。泡が立ったり洗剤特有の粘り気がないので、洗えてるのかなと思う事もありますが、むしろ、お風呂用洗剤よりキレイになる感じがするくらい、洗浄力はしっかり。

しかも、キレイに洗い流すのに大量の水を使わなければならないお風呂用洗剤と比べ、粘り気もないので、あっという間に洗い流せるのも気に入っています。忙しいこの時間帯に、すすぎに時間をかけなくていいのは助かります。

もちろん、お風呂用洗剤も合成界面活性剤が洗浄成分として使われています。なので、この家では使う事はありません。

また、重曹は体にもお肌にも全く害がないので、万が一すすぎが足りなかったとしても大丈夫というのも、嬉しいところです。しかも、すごく安い!水もお金も節約できます(笑)

この家族は、キッチンにもよくある台所用洗剤もありません。洗いものには、石鹸を使っているからです。洗浄力の強いタイプの純石鹸は、油汚れにも強く、子どものお弁当箱も簡単にキレイにしてくれますし、すぐに汚れが取れる!とうたっているような、濃厚な合成界面活性剤を使っている台所用洗剤など使わなくても、何の問題もありません。

そして、石鹸で洗うと全く手が荒れません。以前、台所用洗剤を使っていた時はすごい手荒れで、ハンドクリームは欠かせなかったのですが、今の手肌はあれたり乾燥することもなく、当時のことは思い出せないほど。

料理をする前は、その石鹸で普通に手洗いまでしています。石鹸と人との相性は良いみたいです。

また、時間がある時には、専用のヘラを使って先にお皿の汚れを取ってから、洗う事もしています。水を汚さないし、水の無駄遣いも避けることができます。

さあ、パパも帰ってきて、みんなでご飯です。でもその前にお風呂でさっぱり!
パパは帰りが遅い時もありますが、今日は早く帰れたので、先に子供とお風呂に入ってもらいます。

二人は100%ナチュラルな石鹸で体も顔も、髪も洗っています。娘は赤ちゃんの時から石鹸で髪も洗ってきたせいか、今も石鹸で洗ってもゴワゴワしません。そしてすごくつやつやしたキレイな髪をしています。

パパも、頭皮を傷め、薄毛や抜け毛の原因になるシャンプーではなく石鹸で洗います。髪が短いので、ゴワゴワするなどもなく、全く問題ないようです。

お風呂には、ミネラルの入浴液、魔法のお風呂を入れてお湯を柔らかくしてから入ります。そうすると、乾燥して痒くなりやすいパパのお肌がしっとりとして調子がいいからです。

これは、温浴効果も高く風邪の引き初めの時には倍量を入れてはいると、すぐに良くなるので、パパのお気に入りです。肌が弱いので、合成の香料やいろいろな成分が入っているとすぐに痒くなってしまうのですが、シンプル成分の魔法のお風呂は大丈夫なようです。

お風呂から上がって、髪も乾かしてさっぱりしたところで、楽しい夕飯です。テレビも消してみんなでおしゃべりしながら食べています。

みんなで食べられる時間は貴重な時間。明日の活力になっていきます。この後、夕飯の片づけは石鹸を使ってパパがしてくれ、その間、ママはゆっくりお風呂に。食器は拭かず自然乾燥が忙しいこの家のやり方。

と、今日はここまで。次はママのお風呂タイムを実況中継の予定!

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ではまた。

関連記事

コメントする

Scroll to Top