ホーム > スキンケア教室 > 【後編】 100%ナチュラル ミロビーナ生活-幼稚園児がいる家族 (ママのバスタイム)

【後編】 100%ナチュラル ミロビーナ生活-幼稚園児がいる家族 (ママのバスタイム)

こんにちは! (有)美ナチュラル、ミロビーナの木川です。

私たちが思う、ナチュラルで、サスティナブルで、エシカルな理想のミロビーナ生活の続き、夜編・ママのお風呂タイムです!

朝編はこちら
夜編・日常生活はこちら

夕飯が終わり、しばらくしてパパが幼稚園に通う娘を寝かしつけます。

その間に、ママはお風呂にゴー!

慌ただしい一日を、過ごした後のお風呂タイムはほんとうに貴重!お風呂には、先に入ったパパたちが入れた魔法のお風呂が溶け込んでて、徐々に体があったまっていき、疲れが抜けていくのが分かります。

魔法のお風呂、少しお高いけれど、家族みんなでキャップ1杯で済むのは経済的。

魔法のお風呂は、イオン化されたミネラル100%の入浴液。皮膚表面はもちろん、毛穴からも体内の疲労物質を引き出してくれるので、本当に疲れている時は、なんと引き出された老廃物でお湯が濁っていきます。

といはいえ、魔法のお風呂は無味無臭でちょっとつまらないので、メドウズのアロマオイルを3滴たらして、アロマバスを。

エッセンシャルオイルはいくつか持っている中で、今日は、ローズ&ゼラニウムをチョイス。

女性ホルモンバランスを整えてくれ、生理前のイライラにも効果あり。また美容効果も高いということで、彼女にとっては出番の多いアロマです。

ポタポタとお風呂に垂らしかきまぜたその瞬間、たまらなくいい香りが一気に立ちのぼる!グリーンがかった、でも、フローラルも感じられる甘く、でも爽やかな香り。それなのに、ゼラニウムの地に足を付けさせてくれるような力強さは、忙しく落ち着かない気分も、「大丈夫だよ」といわれているようで、何とも落ち着いた気持に。

子のエッセンシャルオイルは、本物ローズとサンダルウッドもブレンドされていて、心の奥にしみいるこの感覚は、アロマの醍醐味。決して人工的な香りにはできない自然の叡智に毎回感謝の気持ちが湧いてきます。

いつか、アロマテラピーを本格的に習ってみたいなと思ったりしています。

そんな香りに包まれたバスタイムを、もっと有効活用するために、最近気になっているお肌の衰え対策に、ビューティーセサミオイルをた~っぷりと顔に載せて、しばしそのまま目をつぶります。

オイルパックです。

それまで、あまりにお肌の悩みはなかったのですが、最近は気づくとほうれい線ができていたり、寝てもくすみが抜けなかったり・・・。特にお肌のハリがなくなってきた感じがとても気になっています。

なので、ここ3ヶ月くらい前から使い始めた、セサミと月桃のスキンケアを取り扱っているミロビーナさんに相談。

そこで、このオイルパックをすすめられました。ビューティーセサミオイルには、抗酸化力が強くお肌を若々しく戻す、還元力のあるセサミンなどの栄養がすごく多いのだそう。

また、ゴマを擦ってオイルを取る時も熱で成分が壊れないよう、15℃以上にならないよう丁寧に丁寧に絞るため、出来上がったオイルは熱に弱い酵素もそのまま残っているからオイルが生きているのだそう。まさに、生オイル。

そんな植物のパワーがフルで詰まっているせいか、これでオイルパックをすると、疲れて萎んでいたお肌にピンとハリが蘇り、本当にキレイなお肌になります。

仕上げに、蒸しタオルをしてセサミオイルをお肌に浸透させると、その場でくすみもスッキリと抜けて、本当に魔法のよう!

その時に使うタオルも重要。

柔らかくお肌を刺激しないものが理想的。なので、最近気に入っているのが、『専顔タオル』

『専顔タオル』は、顔専用のデリケートで柔らかなタオル。三重県の津で、おぼろタオルという明治から続く老舗メーカーが作っています。

糸が極細でお肌をふわふわと包み込んでくれ、本当に刺激を感じにくい極上の肌触り。100%コットン、化学薬品を使わず作っていて、赤ちゃんがそのまま口に入れても安全というのも、このタオルが気に入っている理由の一つです。

ビューティーセサミオイルでのオイルパックは、毎晩やっても良いらしいですが、ママは週に1~2回くらい。無理なく続けたいので、自分のペースでやればいいかなと思っているからだそう。

他にも、今日はお肌が乾燥してるな~とか、疲れた顔してるな~と思ったときには、欠かさず。スキンケアは日々の積み重ねだと、聞いたことがあるので、その日の傷みはその日のうちにケアすることで、何十年先のお肌に差が出ると信じているからです。

だから、普段からよくお肌の状態を観察して、丁寧なお手入れを心掛けています。

そうして、オイルパックを10分、最後に熱すぎない蒸しタオルで1~2分オイル分を浸透させた後、同じセサミオイルで作られている、セサミソープで1度洗いをします。

あまりヌルヌルが気になる時は2度洗いして、さっぱりさせます。逆にお肌が乾燥している日は、ヌルヌルが残っていてもそれ以上石鹸で洗わないようにしています。

そうすると、洗いあがりのお肌がしっとりとして、きめが整うからです。

汚れには、油分で落ちるものもあります。

10分間のセサミオイルパックは、栄養や潤いをお肌に届けるだけでなく、油性の汚れを浮かし、さらに豊富な酵素が古い角質や角栓も浮かび上がらせてくれる効果があります。

栄養補給+ディープクレンジング、この両方が一度にできるます。

オイルパックの後は、石鹸でお肌がキュッとなるまで洗わなくても、意外とキメに入り込んだ汚れなどもキレイに取れてくれるのは、そんな理由から。

体は石鹸で洗うこともあれば、お湯につかるだけで洗わないことも。洗うときも、ボディブラシやボディタオルは使わず、手で洗うのが習慣です。

手で洗うと、ちょっと物足りない気もしますが、顔のお肌はこするとシワになったりたるみが発生するので、体も顔よりは皮膚が厚いけれど、やはり手で洗ったほうが良いような気がしているからです。

髪は毎日洗います。

シャンプーが抜け毛の原因という事も言われ、湯シャンなどお湯で洗うだけという方法もありますが、ママの場合はシャンプーを使います。やっぱりさっぱりした気分は気持ちがいいからです。

デリケートな髪の毛と、体で一番脂っぽいと言われる頭皮を一度に洗わなくてはならないシャンプーは、ケミカルな成分が一番多く使われているケアアイテムという事を聞いたので、いつも100%ナチュラルシャンプーを使うようにしています。

髪と頭皮のため、そして水を汚したくないから成分分解してくれるものを使いたいと思っているのです。

パパと娘は髪を石鹸で洗っていますが、髪の長いママは石鹸シャンプーを使い続けるのは、根気が必要。時々髪を染めるのでなおさら石鹸シャンプーは難しく・・・。

実は以前は普通に売られている合成シャンプーを使っていたのですが、どんなにトリートメントをしても、どんなにダメージヘア用を使っても、傷みはどんどん進み気付いたのが、髪を傷めているのは、このシャンプーやトリートメントなんじゃないかと。

それからは、100%ナチュラルなオーガニック系シャンプーだけを使うように。もう2年はオーガニックシャンプーを使っていますが、今は、驚くほど髪が健康になりました。

油っぽい頭皮をキレイにするため、合成シャンプーは、高い洗浄力のある合成界面活性剤を使ってうて、それが頭皮の毛母細胞や頭皮細胞を傷めます。逆に、ウール素材でもある髪の毛は、そんな洗浄剤を使う事でギシギシに。

手も櫛も通らなくなってしまっては困るので、髪をまとまりやすくし、サラサラな手触りにしてくれる合成成分をたっぷりと配合。でも、本当に髪を守ってくれるわけではないので、使えば使うほど、徐々に髪が傷み乾燥が激しくなっていってしまうのです。

その結果、髪はツヤも元気を失います。また、40代になる前から薄毛に悩む女性が、最近ものすごく増えているのだとか。白髪も、頭皮細胞の一つでもあるメラニンを作るメラノサイトが傷つき、メラニンが作れなくなったことで発生。

頭皮を大切にすると、白髪予防にも。だから、頭皮に栄養を与えてくれる植物の力を借りたいと思っています。

なので、多少高くても髪は100%ナチュラルや、オーガニックシャンプーにこだわってます。コンディショナーもマカダミアナッツやホホバオイルなどの栄養豊富な植物油に、アロマやハーブをブレンドしている香りのよいものが多く、シャンプー中、いつも幸せな気分にもしてくれます。

このシャンプーと本物の栄養が豊富なコンディショナーを使うようになって、髪が本当に傷まなくなりました。それまでは、自分でやっていたヘアケアが逆に髪を乾燥させたり傷めていたのだと・・・あたらめて実感しています。

髪を洗い終わり、おなじ専顔タオルのシリーズ、洗髪タオルで髪を拭き、包んでバスタイムはおしまい。ボディもなるべく柔らかなタオルで押させるように優しく水分を取り去ります。

だって、未来のお肌はこの小さな積み重ねですから。

と、今日はここまで。次はママのお風呂タイムでした。

次は、お風呂あがりから寝るまでの、ミロビーナ生活をお届けしますね。

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ではまた。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top