ホーム > スキンケア教室 > 02-毛穴の黒ずみなくしたいなら、もっと保湿が必要

02-毛穴の黒ずみなくしたいなら、もっと保湿が必要

こんにちは! (有)美ナチュラル、ミロビーナの木川です。

いろんな人が悩んでいる毛穴の黒ずみ。

前回は、毛穴の黒ずみケアを行う上で知っておくべき、お肌の仕組みや、してはいけないケアなどをお話ししました。今回はその続きです!

前回、

・毛穴の黒ずみ、その正体は、古い角質+皮脂 それが酸化したもので
・その根っこはものすごく奥深く、多くは実は何年も毛穴に居座っている
・だから、簡単にはキレイにならない可能性大・・・

というところまでお伝えしました。

なので、毛穴の黒ずみをキレイにしたいなら、長期的スパンで考えてもらう必要があるという事を、まずは理解してくださいね。

長期スパンというと、1年~3年というところでしょうか。とはいえ、効果が出てくれば1~2週間で違いは感じることが可能です。

ただ、ほんとに気にならなくなるところまで改善するには、長期スパンという事になります。

それだけ理解できれば、もう勝利が一歩、近づいたと同然ですから!

まず、角栓は、何でできているか知っておいてください。これは、見た通りというか、古い角質と皮脂が混ざり合ったもの。古くなると固まってきて「栓」になってしまいます。黒ニキビとも言いますよね。

黒ずんでいるのは、その表面が酸素に触れて酸化したため。酸化するのに、1日、2日ではそうまではならないので、いかに長時間、角栓がそこに留まっているのかが何となくイメージできるのではと思います。

その結果、黒ずみにまで成長してしまったものは、非常に毛穴の奥深くまでその根っこが埋まっています。ぎゅっと押し出しても、極表面しか取れないので、すぐに再発してくるのはそのせいです。

この角栓、毛穴の黒ずみができるのはこんな工程を経ています。

1)何らかの原因(前回書いた油取り紙、ホットタオルのやりすぎも含む)で、お肌が乾燥
2)肌が固くなることで、役目を終えた角質が剥がれ落ちにくくなる。
3)剥がれ落ちることができなかった古い角質が、毛穴にこぼれ落ち、入り込む
4)皮脂と混ざる
5)古い角質が取れて行かないことにより、新しい細胞も作られにくくなる。
6)新陳代謝が悪くなり、常に潤いを保つ能力に低い、古い角質がお肌に留まり続ける
7)積み重なる古い角質は、また毛穴に落ち込み時間の経過とともに固くなり、酸化して黒いポツポツが目立つようになる

ここになると、もう、かなり目立つ状態に!鏡を見るたび憂鬱になってしまう乙女心・・・。

ちなみに、白い角栓ってありますよね。いわゆる白ニキビです。

これは、できてからの歴史が短く、たっぷりと潤いを与え、不要な角質をふやかして柔らかくして取り去れば、アッという間につるつるのお肌にすることができます。

早く良くしたいときには、スペシャルケアを。

お風呂でたっぷり質の良いオーガニックスキンケアオイルを塗って、ホットタオルで1分温め、その後ナチュラルなソープで1回だけ洗う。コツは、ぬるぬると残っていてもそのままにして、お風呂上りはしっかりと保湿を行う。

ちなみに、ミロビーナでは天然酵素がそのまま入った、オーガニックのスキンケアオイル、セサミオイルがありますが、このオイルは白ニキビにてきめんに効きます!

酵素が豊富なので、古い角質の結びつきを溶かしてはがすのが得意なのです。続けるうちに、つるつるのお肌が出て来た時は、「自分のお肌ってこんなにきれいだったの?」と、感動もの。

白ニキビは、水分も油分も全然足りていない砂漠肌状態の結果起きています。

白ニキビという角栓にお悩みなら、今の潤いが足りていないケアを大幅に見直して、とにかく水分、油分の両方をこれでもかと与えてあげてください。そういう意味では簡単に治るし、再発も少ないです。

白ニキビさんには、ニキビに長年悩んでいる方が、油分や水分を与えるのを怖がって、その結果作ってしまっていることが多いです。大人ニキビケア全般には、潤いが必要ですのでそこは考えを変えてあげてくださいね。

話しは戻りますが、毛穴の黒ずみが気になるようになると行いがちな、私も以前一生懸命やっていたスキンケアが、さらなる悪化、根をさらに深くします。

例えば感じ。何かご自分に当てはまることってありますか?

1)毛穴を開いて汚れを取ろうと思い、ホットタオルを毎晩行う
   →ホットタオルは、必要な皮脂を奪い去り、乾燥を進めてしまう。

2)強力なパックを使ってべりっと、手っ取り早く角栓を抜き去ろうとする
   →そもそもこの方法では、根っこはしっかり残ってしまう。
    お肌に刺激が強すぎる上に、乾燥を進めてしまう。
    また、皮膚は驚いて、より角栓をくわえ込もうとしてしまう可能性あり。

3)水で洗い流せる(乳化する)タイプのクレンジングを朝も夜も使って、汚れを溶かして落とそうとする。
   →乳化するタイプのクレンジング料は、お肌を乾かす合成界面活性剤が主成分。使うほどにお肌が固くなり、ますます黒ずみがひどくなる。

4)鼻の周りには保湿をしない!油分なんてもってのほか・・・
   →お肌はどんどん固くなり、最悪の結果に・・・

他にもありますが、だいたいはまずはこんなところでしょうか。

これら失敗スキンケアの共通点は、どれも

「毛穴の汚れを取り去る!」というもの。

繰り返しますが、毛穴汚れは根深い。この程度では何にもなりません。

お肌の根本的な改善なくして、汚れを取り去ることは不可能。その証拠に、これらを頑張ってもちっとも良くならないばかりか、悪化させてしまっていませんか?だから、コスメジプシーとなって、ここにたどり着いたという方もいらっしゃるかもしれません。

ということで、次回も、黒ずみケアについてもう少しお伝えしようと思います。

ということで、今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

関連記事

コメントする

Scroll to Top