ホーム > スキンケア教室 > 03-毛穴の黒ずみなくしたいなら、オイルにチャレンジ

03-毛穴の黒ずみなくしたいなら、オイルにチャレンジ

こんにちは! (有)美ナチュラル、ミロビーナの木川です。

こちら、毛穴の黒ずみ対策、第3弾!

いよいよ佳境に入りました~

前回は、毛穴詰まりは白ニキビと黒ニキビがあり、

白ニキビはまだ根っこが浅くて、潤いを与えるケアを行えば、すぐに良くなる。

対照的に、黒ニキビは根が深いので時間がかかることを頭に入れて、ケアをすれば、キレイになりますよ~というお話でした。

ということで、その続きをお話しします。

まず、毛穴が目立つお肌のケアで一番大切なのは、お肌を乾燥から守り、不足しがちな潤いを与え、常に柔らかい状態をキープすること。

それによって、新陳代謝を早めて乾燥した古い角質ではなく、常に潤いに満ちた若々しい素肌がお肌表面に現れ、生き生きと輝いてくれます。

そんな当たり前のことだけえ、自然に毛穴の黒ずみに対するお悩みは解決していくことができるのです。スペシャルケアより、こうした普段のスキンケアが最大の効果を発揮してくれるのです。

ミロビーナでは、スキンケアで一番大切なのは、お肌の潤いだと常々言っています。確かに洗顔や汚れ落としはスキンケアの基本で大切ですが、潤っていないお肌は、何をしても効果がないばかりか、老化を進め、お肌の悩みを増やしていきます。

お肌は、しっかり潤ってさえいれば、何とかなるといっても過言ではないかも(笑)

水分と油分が十分足りた潤ったお肌は、いつでも柔らかく、毎日役目を果たした古い角質が剥がれ落ちやすい状態になっています。

そこに、質の高い、できれば酵素入り、なおかつ保湿力もあるような石鹸で洗ってあげれば、その日役目を終えた角質はスムースに取り去られ、新しく、潤いに満ちた柔らかな若々しい角質が表面に表れ、毛穴に落ち込むこともない。

それが続くと、いつの間にか毛穴の黒ずみが消えてくるのです。

それも、お肌は毎日生まれ変わっているのですが、残念ながらそのサイクルは簡単に崩れます。そのもっとも大きな原因が乾燥なのです。

乾燥・角質・毛穴の黒ずみ

この3つは密接に関わっていますから、ただ汚れを取ればいいという事ではないというのは、もうすでにお分かりいただいているかなと思います。

では、ようやくですが、具体的な毛穴の黒ずみ対策をお話ししたいと思います。

まず言っておきますが、難しいことや特別なことはほとんどありません。でもこの方法で、私はもちろんのこと、

最近ではうちの娘、息子の超色白な彼女さんも最近、毛穴の黒ずみが薄くなりつつあり、分かっていたこととはいえ、ここまで効果があるとなると、やっぱり嬉しくなります!

試してほしいのは、上質なスキンケアオイルを使うこと。

それも、オイルパックとかのスペシャルケアだけではなく、日々のスキンケアに組み込んで欲しいのです。逆に言うと、スペシャルケアでは、深くまで根深く伸びている毛穴の黒ずみ退治はできない。

常に肌を柔らかく保つために、質の高いオーガニックのスキンケアオイルを、顔全体に塗ります。気になる鼻の周りや顎は当然ですが、ついでに顔全体に使って、普段の保湿オイルとして使うのがベスト。

お肌は、特にTゾーンと、頬っぺたなどのUゾーンとでは皮脂腺の数など性質が違いますが、一枚でできていることも忘れてはいけません。

ここだけしっとりさせて、ここだけ何もつけないというようなアンバランスなケアが、逆に混合肌を作ってしまうこともあります。

全体にオイルをつけて、乾燥が気になる部分にだけクリームを塗る。その程度なら問題ありませんが、境目を目立たせないようにするためにも、少なくとも、顔全体にオイルで保湿してあげてくださいね。

そこで、大切なのがオイル選び。オーガニックで高品質で、スキンケア効果の高いオイルを使う事です。質の高いオイルなら、適当な使い方でも害がでにくく、効果もあります。

私もいろいろ試しましたが、高品質のオイルはサラリとして肌なじみが良く、毛穴をふさぎません。逆に、低品質オイルは、効率よく抽出するために溶剤を使っていたり、高温でガーッと絞ることで、べたっと重く、皮膚への浸透が悪いものが多いです。

そうなると、お肌への負担もありキレイになるどころか・・・の話になってしまうので、注意が必要です。

おススメのスキンケアオイルは、セサミオイル、ホホバオイル、アルガンオイル、マカデミアナッツオイル、ココナッツオイルあたりでしょうか。

これらのオイルはスキンケアに向いていてサラリとしているので毛穴に詰まりにくく、保湿力がありお肌を柔らかく保つ力に優れています。

さらに、どれも抗酸化成分が豊富でアンチエイジング効果が期待でき、オイル自体の酸化もしにくい性質を持っています。

植物オイルには、非常に酸化しやすいものもあり(ローズヒップや、グレープシードオイル、亜麻仁油など多数)、いくら美肌効果が高いよ~!と宣伝されていてもそこは気をつけて下さい。

私は普段使いをするなら、酸化しにくいオイルが向いていると思います。

とはいえ、日本人は、オイリーなケアを毛嫌いする傾向にありますが、それを補うだけの油分を自分で分泌できるならいいのですが、そういう方は少ないです。

毛穴の黒ずみといった悩みがある場合、乳液や、ましてやオールインワンジェルで終わりというスキンケアでは、保湿が足りていません。

しっとりタイプの化粧水や、美容液、保湿ジェルで水分の潤いをたっぷりと与え、質の高いオーガニックスキンケアオイルで、朝晩しっかり油分を与えることで、柔らかくすべすべのお肌に変えて行く。

その後に、オーガニックの100%ナチュラルな保湿クリームを使うとなおGood!

このオイルを使ったスキンケアを行うと、たくさんのメリットがありますが、簡単なところではガサガサ肌をすべすべにする効果があります。

分かり切ったことだったら申し訳ないのですが、ガサガサ肌というのは、潤いが足りてないということだけでなく、古い角質が取れ切れておらず、ガサガサの手触りになってしまっているという事です。

また20代の息子の話になりますが、皮脂の少ないタイプでニキビができて経験がほとんどないタイプ。洗顔を洗いっぱなしを続けていたせいで、透明感のない薄汚い肌に!さわると、ガサガサ・・・

「こんな肌だと、就職で不利になるんじゃないの?」とアドバイスをしつつ、ミロビーナのセサミオイルを使わせたところ・・・

1か月後に会ったとき、透明感のあるキレイな肌になってて安心♪ ものすごく三日坊主なタイプなのですが、効果があるし気持ちがいいから毎日やってるとのこと。

そうそう、脳科学的に、習慣にするには気持ちがいいという事は大切な要素ならしいんですよね。

毛穴の黒ずみ対策を成功させるには、常にすべすべ肌でいられるケアを行う事。それに尽きます。

そうして肌が柔らかくなってきたところで行うと効果的なのが、クレイでのパック。柔らかくなったお肌なら、毛穴の黒ずみも緩んできて、汚れも吸い出しやすくなるのです。シートタイプではなく、クレイがおススメ。

もちろん、パックの後もしっかり水分+油分を与えてケアを。
ということで、とりあえず完結かな。

あ、そうそう、もう一つありました。ビタミンCをたっぷり摂ることです!ビタミンCはお肌の潤いをアップさせることが分かっています。

ミロビーナのビタミンC補給も良かったらご覧あれ。

ということで、今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

関連記事

コメントする

Scroll to Top