ホーム > 健康生活 > 花粉症、甘く見ては危険です

花粉症、甘く見ては危険です

こんにちは! (有)美ナチュラル、ミロビーナの木川です。
いよいよ、花粉症の季節がやってきましたね・・・!

私はラッキーなことに、花粉症ではないのですが、花粉症についてはまだ分かっていないことが多く、こんなに苦しんでいる人が多いのに、罹患する人が減るどころかどんどん増えており、本当に心配です。

そんな、嬉しい春を憂鬱な季節にしてしまう花粉症。

どんなに辛くても、その時期が過ぎると急に何事もなかったように楽になるせいか、その時どうやり過ごすか?、あるいは、この時期さえ我慢すれば・・・と思っている方が結構多く、私は、そうやって花粉の季節を過ごしている人を見ると、本当に心配になります。

なぜなら、花粉症はご存じの通り、アレルギー疾患。

アレルギーをひどくしたいなら(そんな人はいませんが)、アレルゲンにたくさん触れること。

そうすると、体内でたくさんのアレルギー反応が起きます。それがある一定のラインを超えると、コップから水があふれだすように、アレルギー反応が始まるのです。

放置すればするほど、体内でのアレルギー反応が増えるので、あふれ出る部分もどんどん増えて行きます。

そんなタイミングでは、薬やサプリでアレルギー反応を減らしたところで、あふれ出たものが多すぎ、コップ以下にはそう簡単にはなってくれないのです。

そのため、季節が進んで花粉症がきつくなってから薬やサプリを飲んでも、まったく効果が出ず、花粉の飛散が減ってくるまでずっと苦しまなくてはならなりません・・・。

このように、アレルギー反応が体内で激しく起きているという事は、よく考えると、体が敵と戦い続けているという事。

アレルギーとはそもそも、敵ではないものを敵だと免疫が誤認して、攻撃して外に排出しようとしているわけです。

鼻水や痒み、熱といったアレルギーによる炎症反応とは、体にしてみると、敵を外に追い出すための反応。鼻水も花粉という敵を体の外に追い出すものだし、咳もそうです。腫れて熱を持つのも、ウイルスは熱で死にますから、発熱して敵を殺そうとしているわけなんですよね。

これって・・・風邪と同じ症状に見えませんか? ええ、そっくりですよね!

風邪を引くと体力を使いますが、花粉症も同じく体力を奪います。風邪は万病のもとといいますが、花粉症も同じです。しかも、風邪よりもずっと長く炎症反応が起き続けているわけですから、体力を奪う力は、花粉症のほうが強い場合もあります。

もう一つ、アレルギーを放置すると、アレルギー反応を起こす物質が徐々に増えて行くという恐ろしい性質があります。

このことは意外と知られておらず、花粉症だけだからと思っていて何年も放置していたことで、スギ花粉に反応するだけだったのが、ヒノキもダメになり、ブタクサにも反応するようになり、気づいたらハウスダストもダメだし、キウイを食べてもダメになってしまった・・・

というように、どんどんダメなものが増えてしまう、それがアレルギーの本当に怖さなのです。これは推測の域を出ませんが、ガンもアレルギーを色々持っていることで免疫が疲弊して、がん細胞を見逃してしまう事で発症しやすくなるという、研究者の方もいらっしゃいます。

実際はどうなのか分かりませんが、理屈的にはありそうなことですよね。

じゃあ、薬でアレルギー反応を引き起こすヒスタミンを抑えればいいのかというと、放置よりはもちろん良いのですが、必ず副作用があり、それも実はかなり重篤な物もあります。

また、最近では、眠くなりにくい薬がありますが、それだとまだ効果が薄いようです。1粒飲めば、1日効果が続くといった強いものがありますが、それも、非常に喉が渇くなど副作用はそれなりにきついようです。

薬は便利です。私も頭痛が取れない時など、整体で体を整えることも行いますが、どうしてもの時は、鎮痛剤に頼り助けてもらいます。そんな感じで、科学はいろいろな便利ですぐに効くものをたくさん作ってくれています。それを使うのも、もちろんありです。

ただ、薬だけに頼っているのは危険だということは、知ってほしいと思います。

薬では体質改善はできません。逆に、解毒の臓器、肝臓に負担をかけるので、ますますアレルギー体質を進めてしまう懸念があります。

花粉症などのアレルギーが発症するという事は、体にとってみれば、それなりの理由があるのです。

原因がハッキリとは分かっていませんが、

・合成洗剤や、合成香料に常に触れている
・食事では添加物に無頓着である
・カット済み野菜を多用している
・外食やコンビニ弁当を食することが多い

など、食べ物や使っている化学成分に触れることでアレルギーを発症しやすくしていることが挙げられます。

ケミカルは便利な物をどんどん作れる魔法の杖!ドラッグストアに行くと、ケミカルで、便利なものがズラリ。でも、実はそれが良くないのです。

最近は、小さなお子さんでも花粉症になります。元々、アトピーと違い、花粉症は大人のアレルギーとされていました。それが子どもにも及んでいることに、私は恐怖を覚えるのです。

例えばおしりふき、使い捨てのお手拭きなどで、口元をぬぐったりもしますが、これには汚れを取り去るため、合成界面活性剤が含まれています。それと防腐剤として、人工的な殺菌剤が含まれています。それを知ってから、私は子どもには使わなくなりました。

外の公園に行くときには、紙石鹸を持って行きましたが、あれはかさばらないし、子どもから見たら面白いみたいで、便利でしたね。

お陰様で、下の娘はアレルギーが何もなく、花粉症もありません。上の息子は、まだ小さい時には、私もケミカルの怖さを知らなかったこともあり、あれこれ使っていたせいか、軽い花粉症と、恐らく猫アレルギーがあります。

一切使わないのは難しいかもしれません。

でも、便利な物ほど、本当に必要なのかをよく考えてお使いいただけたらなと思います。ボディーソープなども、ケミカルの塊。皮膚から簡単に合成界面活性剤が体の奥まで入り込みますから、体からしたら、これまでの人類の歴史で全く経験したことがない物質が入ってくるわけなので、そのたびに警戒をすることになるはずです。

自然のものでしたら、私たちのDNAに組み込まれているので、警戒されることが少ないのです。石鹸は、動物や植物の油脂から作られますから、そういう意味で安心な洗浄剤です。

そのほかに、このストレス社会ですからありがちなのが、

・甘いもの(砂糖が多い)を毎日食べて、気分転換している
・スマホばかり見ている。
・ゆったりと副交感神経を優位にできるお風呂にも、スマホを持ち込んでいる
・昼間の緊張が強いせいで、眠りの質が良くない
・人間関係がキツイ・・・

どいった、自律神経を乱しやすい生活も、原因の一つではないかと思いますので、改善できるところから、何となく気を付けていくと違ってくると思います。

もう一つは、排気ガスです。

道路の側に住んでいるとどうしてもアレルギーが起こる確率が高まりますので、これから引っ越すなど、新しい住まいを探す方は、極力、排気ガスが来ないところを選ぶことをおススメします。

いかがでしたでしょうか?

もう知っていることもあったかもしれませんが、アレルギーを放置したり薬で抑え込むだけでは危険だという事を、少しでも感じていただけたら幸いです。

美ナチュラルでは、腸内環境を良くして体質を変えてくれるプロバイオティクスヨーグルトや、根本的に体を変えてくれるハーブサプリメントをご用意しています。

炎症を抑えるアロマ製品も取り揃えていますので、これを使うようになって、薬に頼ることはほとんどなくなったというスタッフやお客様が本当に多く、自然の力や、体を整えることでアレルギーを軽くすることは可能だという例を、たくさん見てきました。

あなた様も、どうぞ、花粉症をはじめアレルギーは放置せず、薬にも頼り切らず健全な体でお過ごしいただければと思います。

アレルギーはある日突然発症します。予防にも、コップがいっぱいにならないよう、ケミカルな物を極力避ける所から始めてみませんか?

香りのついた洗濯洗剤や、柔軟剤は特に怖いですし、周りにも悪影響です。そんなところから少しずつ生活を変え、ロハスな生活に近づけていくことが、アレルギー対策には重要だと思っています。

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました♪

花粉対策まとめページをご用意しています。ご参考に。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top