ホーム > スキンケア教室 > 大人ニキビに悩む方に 03

大人ニキビに悩む方に 03

こんにちは! (有)美ナチュラル、ミロビーナの木川です。

今回は、大人ニキビに悩む方の、お悩み解消ブログの続きの、そのまた続きです!

前回は、ニキビの悩みとは、それはまるで、真っ暗なトンネルの中を歩いているような気分。それほど、お肌の悩みとは深刻で、幸せな気持ちを奪うもの。

そして、ニキビの始まりは、毛穴が塞がることが最初。だから、新しいニキビを作らないようにするには、毛穴をふさがないことが大切!毛穴をふさぐ一番の原因は油分ではなく、角質だという事を念頭に置いて、スキンケアをしていくことがとても大切なんです・・・

というようなことを書きました。

今日はその角質ケアについて、できるだけ分かりやすくお伝えできればと思います。

まず、お肌の美しさにとって、角質の役割は非常に重要です。

「お肌つるつる~♪」な状態というのは、古くて不要な角質がお肌表面に残っておらず、新しい角質がキレイにお肌を覆っている状態。

新しい角質というのは、しっかりと潤いを含むことができ、どれも均一な形をして整然と並んでいます。なので、触るとつるつるとして引っかかるところがないのです。

また、潤いがたっぷり含まれているという事は、イコール透明感も高い状態。例えばゼリーを思い浮かべてみて下さい。

ご存じ、ゼリーはゼラチンにジュースなどの水分を混ぜて冷やし固めたもの。水分がたっぷりと含まれているおかげで、プルプルと透明感あふれた姿をしていますよね。

では、水分が含まれていないゼラチンだけの時はどうでしょう?プルプルもしていないし、透明感もない。逆にシワシワ、ゴワゴワで決して美しいとは言えませんよね。

しかも、ゼリーはちょっと押しても弾力があり傷つきにくいのですが、ゼラチンの板状のもがありますが、これは軽く押しただけで、パリっと割れて傷ついてしまいます。

つまり、強度さえ、潤いがあるとないとでは、ここまで変わってくるのです。

つまり、美しく丈夫なお肌でいるためには、お肌表面の角質ケアが非常に重要ということを、まずは知っておくと役に立ちます。

だからといって、いらない角質を完璧に取り去ろうとして、スクラブを毎日かけたり、パックをしょっちゅうやるのはNG。

お肌とは、そもそも体を外から守るもの。スクラブやパックの強い刺激を受け続けたり、急に角質がごっそり取れたりすると、お肌は「無防備になった!」と判断して、角質を分厚くしてしまうので、逆効果なのです。

また、もしニキビの炎症が起きているお肌に、スクラブをかけると、そもそも炎症状態で弱っているところに打撃を与えるだけ。炎症がますます広がってしまいますので、スクラブは赤くなったニキビがある場合は止めておくほうが賢明です。

パックも、やり過ぎは危険です。肌を覆うということは、その間、お肌には負担がかかっています。弱ったお肌がますます弱る可能性もあるのです。

特に、はがすタイプは本当にやめて欲しいものの一つ。

べりッという、あの強い刺激、無理やり角質を引きはがすようなやり方は、ミロビーナ的には賛成できません。自然に取れる方法が理想的ですし、負担の少ない、ローションパックや、クレイパックのほうが、どんなお肌にもおススメです。

また、大人ニキビに突入してなかなか治らない人に、キチンとしたまじめな人が多いのは恐らく一生懸命調べてお手入れをし、結果、お肌にとってやり過ぎになってしまうから、ではないかと思います。

でも・・・私たちからすると、せっかく角質を取ったのに分厚くするなんて、余計なお世話のように感じてしまいますが、それほど緻密に、そして健気に一途に私たちの体を守ってくれている・・・と思うと、ちょっと愛おしくなってきませんか(笑)

では、不要な角質を安全に取り去り、つるつるのお肌にするために、まずは、しつこいようですが、急がば回れということで、まずは角質が取れやすい状態、つまり柔らかく潤った状態にお肌を整えてあげましょう。

私たちは、ついつい過剰なお手入れで願いをかなえてしまおうとしてしまいますが、スキンケアで一番大切なのは、ご自分のお肌をよーく観察することと、お肌理論、ロジック。

お肌の状態は変化しますし、人によっても違います。そしてスキンケアの方法も、その時に合わせて少しだけチューニングしてあげると、いつも快適なお肌の状態を保ちやすくなるのです。

それには、これからしようと思っているスキンケアが、今のこういったお肌の状態に、どういう働きをしてくれるのか、また、効果以外にどんな影響を与える可能性があるのか、考える癖をつけると、失敗も少なく、もし失敗した場合も後戻りしやすいのではと思います。

では、今のお肌に角質が溜まってて、つるつるしていないとしたら、それは、なぜだと思いますか?

はい、もうお分かりとは思いますが、お肌表面が乾燥して固くなっているからですよね。洗顔不足の場合もありますが、十分に潤って柔らかい角質層であれば、洗顔に気を付けなくても、古い角質は自然に剥がれ落ちます。

子どもたちは、特にスキンケアを気にしなくても滑らかな肌表面なのを見れば、何となくお分かりいただけるかなと思います。

固くなったお肌を柔らかくするには、実は油分が効果的です。エモリエント効果といって、水分だけでは固くなったお肌を柔らかくし、またそれを維持することは難しいのです。

ちょっと例えがアレですが、革靴や革製品。

水分を与えると、一時的にふにゃッと柔らかくはなりますが、滑らかさはなくすぐに乾いてしまいますよね。油分で栄養補給をしてあげると、芯から柔らかくしなやかになり、ツヤも輝きも変わってきます。これがエモリエント効果。

お肌も同じ”皮“ですから、ロジックは同じ。ただ、皮膚のほうは生きていますから自分である程度皮脂を補給できますので、そこまでバリッバリにはなりませんが。

ということで、角質を柔らかくすために、まずは油分のお手入れを増やしましょうというご提案です。

ただ、油分の選定にも多少の注意が必要です。

酸化しにくく、毛穴を詰まらせないなじみの良いサラリとしたオイル。なおかつ保湿力があるものが理想的です。

セサミオイル、ホホバオイル、アルガンオイルあたりが、安心です。

朝晩のお手入れに、それらのオーガニックスキンケアオイルや、クリームをしっかりプラスします。乳液をお使いの方は、それだけでは油分は足りないので、オイルやクリームをプラスし、お肌が日中も柔らかさを保っているかどうかを、確認して、量や付ける回数を変えてみて下さい。

もちろん、まったく水分がないと、油分だけではお肌は柔らかくなりません。当時に水分補給も十分に行います。結果、油分と水分の両方で、固くこびり付いた角質をゆるめてふやかして、剥がれやすい状態に整えていくのです。

もう少し積極的に行いたい場合は、オイルパックや、クリームパックで一気に潤いを与えることもおススメです。

特に、お風呂につかりながらオイルやクリームをた~~~っぷりと顔に載せ、10分以上置きます。もし余裕があれば、最後の1分を、ホットタオルで覆います。

それと、熱すぎるともちろん、ホットタオルはなくてもOKですよ。

これをできれば毎晩行うと、効果が早いです。その場合、ホットタオルは毎日行わず、2~
3回に1回にしてください。

また、ホットタオルを行う場合、1分だけにしてくださいね。もともとお肌に残っていた大切な天然保湿因子と呼ばれる、非常に優れた貴重な保湿成分が溶け出てしまい、乾燥が進んでしまうからです。

なので、じわーっとお肌に広がる程度の温度に調節し、毛穴を開いて血行を促進することで、吸収を高めてください。うまくいくと、お肌がしっとりもちもちになります。

それと、長すぎるホットタオルは同じく天然保湿因子を失ってしまい、ますますガサガサのお肌になってしまうので、要注意。

この方法は、洗顔前でも洗顔後でも構いません。ご自分で試してみて、どちらのほうが、お肌が柔らかくなるか、効果を感じたほうを続けるとよいと思います。

ちなみに、洗顔前に行う場合、その後洗顔をしても、まだぬるっとした感じが残っていると思います。

石鹸で二度洗いすると、さっぱりしますが、一度、ちょっと我慢して1回洗いで終わらせて、お風呂を上がったら通常通りの保湿を行ってみて下さい。

それも、2度洗いの時と、1度洗いの時とどちらが翌朝のお肌の調子が良いか、比べてみます。

お風呂から上がったら、保湿力の高いしっとりタイプの化粧水で保湿し、オイルやクリームでたっぷり保湿して、お休みください。

化粧水とオイルケアの間に、美容液を入れ込むのもいい方法です。より、角質が柔らかくなり採れやすい状態になっていきます。

いや~、角質ケアだけでこんなに長くなるとは。恐るべし角質!

ということで、最後は、できてしまったニキビの炎症を鎮める方法についてお話したいと思います。


今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ではまた。

ミロビーナのセサミオイルは、酵素が入っているため、より角質を柔らかくする効果が高まってます。

また、同じく天然酵素入りのセサミソープとの相性が良く、一緒に使うとお肌がつるつるになるのが早いです。

良かったらお試しください。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top