ホーム > 健康生活 > 風邪対策に効くハーブたちと、効果的な摂り方

風邪対策に効くハーブたちと、効果的な摂り方

こんにちは! (有)美ナチュラル、ミロビーナの木川です。

はい、風邪対策、本日はその3回目。

1回目は、何気なく飲んでいる風邪薬が、自然治癒を邪魔してるのでは?
2回目は、ハーブを使った風邪対策。

ということでした。

特にエキナセアは、風邪対策として、芸能人がテレビで紹介するなどして有名になってきましたが、風邪の初期にはすごく効果がありますが、【予防】にはならないという事が意外と知られていなくて、そのことをしっかりと書かせてもらいました。

逆に普段から予防に使っていると、耐性ができて風邪を引いたときの効き目が薄くなったりするので、おすすめができませんので、ぜひ覚えていてくださいね。

おさらいになりますが、風邪をはじめ病気はどれも、自然治癒力で治すもの。薬もハーブもそのきっかけだったり、サポートだったりするものです。

また、症状の緩和と、病気が治ることは、本来違うものだということは、なかなか分かりにくくて混同しがちですが、

ここはしっかりと理解しておかないと、せっかくウイルスを追い出そうとしている、風邪の症状(辛いけど)なのに、薬を使ってしまい、風邪症状(自然治癒力)が進むのを邪魔してしまい、ダラダラと風邪が長引く可能性も生んでしまう。

とはいえ修行ではないので、咳が止まらずあまりに苦しい時などは薬に頼る選択肢も当然あると思います。ただ、そこはコントロールしながら良く考えて使うことが大切だったりするのです。日本はそこがとても甘く、オランダやオーストラリアなど海外では、風邪で病院に行くという常識は通用しなかったりします。

自然治癒力を高めておくことは、体にとってとても重要。睡眠、栄養バランスのとれた食事、ストレスコントロールなどが、自然治癒力を高い状態でキープするためには大切で、そのことは特に細かく書く必要はないかなと思います。

問題は、この睡眠、食事、ストレスの3つのコントロールが上手く行かない場合、行きにくい環境にいる多くの現代人にとって、何かお役立ちケアを知っていると知っていないとでは、大きな差がついてしまうということ。

一つはやはり、食でのケア。

前回書いたように、腸内細菌の状態を良くするヨーグルトの免疫力アップ効果が、ここ数年とても注目されています。インフルの季節になるとやたらと売れる、某ヨーグルトを思い出す方も多いと思います。

そのくらい、腸内環境と免疫のかかわりは大きいものなのです。

もう一つは、古くから滋養強壮に良いといわれるハーブや薬味の利用。それらをお料理に使って食べることも一つですが、忙しい私たちには当然、続けるのが難しい・・・。私なんか絶対無理!

そこは、オーガニックのサプリを利用する方法が、効果的かつ、続けやすいと思っています。

その代表的なのが生姜。ジンジャーです。

滋養強壮力が高く、体を温める作用もある生姜。体は、体温が下がれば下がるほど、免疫力が低くなりますので、冬場だけでも、サプリで続けてみる価値があると思います。

美ナチュラルの楽天市場店でも、ジンジャーのチンキタイプのサプリを販売していますが、レビューを見ると思いのほか効果を感じている方の高評価が揃っていて、私も改めてジンジャーの素晴らしさに気づかされました。

もう一つが、ダンディライオン。タンポポコーヒーなどとも言いますが、西洋たんぽぽの根っこです。タンポポコーヒーは、コーヒー風味を楽しむために焙煎して、香ばしさを出していますが、

ミロビーナで扱っているエクレクティック社のダンディライオンのサプリでは、ビタミンなどの栄養素がそのまま摂取できるよう、摘みたてを一切の熱をかけずにフリーズドライし、成分を保全しています。

そうした、滋養強壮力のあるハーブは体全体の力を高め、生活の質も高めてくれます。

また、ダイレクトに免疫機能を高めてくれるハーブにラリックスがあります。落葉松(唐松)とも言い、日本にもたくさん生えていますので、だれもが知らないうちに目にしている植物です。

松ですから、香りを嗅いだだけで「抗菌力ありそう!」と思うと思いますが、それも正解(*’▽’)/

でも、重要なのはその抗菌力以上に、免疫を高めてくれるその作用。これを、風邪にかかりやすい人が、毎日摂ることで、風邪予防をすることが可能なのです。

ラリックスは、日本でハーブとしてほとんど知られていないのですが、エキナセアと違って耐性ができないうえに、効果も大変高く、海外ではいろいろな感染症や、免疫を高める効果を使用して、病気を癒すために使われています。

・・・と、ここまでお読みになって、

「え~、生姜に、ダンディライオンに、ラリックスとか3つも飲まないといけないの?」と、思いますよね。

できればそうしていただきたいのですが、継続こそが大切なのでそれは正直非現実的。人の脳は、新しいことを習慣化させるのがとても苦手だからです。

ミロビーナでは、役に立つことが大切で、続かないのは役に立たないという事で、使いにくいもの似ていしては、取り扱いも慎重に検討します。

そんな中、続けやすくて、実際にスタッフの受験生のお子さんが飲んでいたところ、家族が全滅したときでも、その子だけは元気だったという、サバイバルサプリを一つ、今日はご紹介しておきますね。

それは・・・ハーメディカ社 インナーサポート !

これには、ラリックスを含め、滋養強壮効果があり、また風邪を引いてしまったときに素早く体内で抗菌し、ウイルスとの戦いを応援してくれるエルダーやクローブなどもブレンド。

という風に、1粒に、複数のハーブがブレンドされている珍しいハーブサプリメントなのです。

珍しいというのは、ハーブ療法の世界では、実はハーブを単品で飲むというのはあまり行われません。ハーブ療法のプロたちは、彼らの豊かな知識と経験から、複数のハーブを組み合わせて多面的に症状を癒すことを行います。

何故なら人間は、非常に多面性があり複合的な存在で、ここだけケアすればいいというわけではないからなのです。そこも、対処療法的な薬とは違う点でもあります。

ではなぜ、日本にはこうしたブレンドタイプのハーブサプリメントが少ないかというと、なぜか日本は、シングルハーブサプリの輸入に比べて、

関税が非常に高い!

からなのです。悔しいですが・・・

役に立つのに、流通しにくい状況・・・。そんな中、ハーメディカは様々なコストを排除して、何とか手が届く価格に抑え、とても頑張っている会社。

と、最後はまたまた製品愛がさく裂してしまいましたが、インナーサポートは、毎日1粒で十分効果があり、また、風邪を引いてしまったとき、うっかり初期を過ぎて症状が進んでしまったときでも、自然治癒力をサポートして治りを応援してくれます。

その時は1つでは、足りないので3~6倍くらいの量を摂取します。

また、もしできるなら、初期はエキナセアと一緒に摂ると最強!

ああ、また、こんなに長くなって・・・アロマの話をしたかったのですが、毎度毎度すみません。

次こそ、アロマケアに突入したいと思います!

ではまた。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top