ホーム > 健康生活 > メリージェーンのCBDオイルは、なぜ高価格? その理由にせまる!

メリージェーンのCBDオイルは、なぜ高価格? その理由にせまる!

こんにちは、ミロビーナの宮崎尚子です。

欧米を中心に、美容と健康への感度が高い人たちが注目するCBD。ミロビーナでは、日本のみなさんに紹介するにあたって、CBD製品開発の先進国であるスイスのメーカー、メリージェーン社のCBDオイルをチョイス。自信を持って販売しています。

日本でも次第にCBDへの注目が高まっているのは、ミロビーナとしてもうれしいことです。しかし販売する会社が増えて、様々な商品が流通してくることで、このようなことを言われることが増えました。

「メリージェーンのCBDオイルって、値段が高いよね?」と。

ふ〜む、確かにそうですね。ならば直接尋ねてみましょう、と、行動力抜群ののんこ店長。メリージェーン社の日本における正規販売代理店「株式会社アピポルファーマ ジャパン」のプティジョン・マックス社長に取材をしてきてくれました。

メリージェーン社のCBD製品、その価格の理由にせまります!

メリージェーンジャパン社マックス社長と木川社長、ショーン副社長と

写真右から「アピポルファーマ ジャパン」マックス社長、
「ミロビーナ」のんこ社長、ショーン副社長

<メリージェーンのCBD製品が、他と比べて高価格である理由>

1.原料の大麻草が違うため
2.SDGsに積極的に取り組んでいるため
3.最高品質を目指しているため

以上の3点です。では1つずつご説明します。

1.原料の大麻草が違うため

大麻草は、世界各地で栽培されていて、実にたくさんの種類があります。手頃な価格で販売されている製品は、世界各地から大麻草を集めて製造することでコストを下げているのですが、原料の信頼性に疑問が生じます。

メリージェーン社の大麻草は100%自社栽培のものを使用しています。安いところから購入するわけではないので、コストはかかりますが、安心ですし、信頼性が高いです。

2.SDGsに積極的に取り組んでいるため

持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標「SDGs」。メリージェーン社は、地球環境や地域・社会に配慮し、持続可能な製造プロセスを導入しています。

例えばヘンプの室内栽培農園は、屋上に太陽光発電設備があり、晴れた日はほぼ100%太陽エネルギーの電力により運営されています。またリサイクルも徹底しています。こうした取り組みにはコストがかかりますが、地球の未来のためには、率先して取り組む課題です。

3.最高品質を目指しているため

メリージェーン社では、大麻草からCBDを抽出しクリスタル(結晶)を製造しCBDオイル製品に使用しています。他社では、CBD含有率99%をうたっているのを多く見かけますが、メリージェーン社はCBD含有率¥99.98%。この約1%が効果の差となると考え、最高品質を目指した結果です。

ぜひ、そんな質の高いCBDオイル体験をして頂ければと思います。きっと違いを実感していただけるはずです。

スイス製 メリージェーンCBD Marry Jane
メリージェーン ジャパン Marry Jane Japan CBD  Facebook はこちら。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top