ホーム > 日々の物語 > 美ナチュラルからミロビーナへ 誕生前夜-1

美ナチュラルからミロビーナへ 誕生前夜-1

こんにちは! (有)美ナチュラル、ミロビーナの木川です。

今日は、美ナチュラルという会社が、ミロビーナというブランドを立ち上げるまでのお話をしてみようかなということで、ここからはこれまでしたことがない、ぶっちゃげ内容です。どう思われるか、ちょっと心配ではありますが、正直に行こう!

前回までのお話はこちらからどうぞ。

始まりは、アロマティックライフ魔法の石鹸
美ナチュラルになるまで

前回は、2011年8月8日、楽天市場店をそれまでのアロマティックライフ魔法の石鹸から、新しい名前の、美ナチュラルに変えた結果、

毎日たくさん来てくださっていた顧客様も、その後ぷっつりご来店がなくなり・・・(今でもどうしてここまでご来店がなくなってしまったのか、正直分からないのですけどね・・・)

リニューアルって、慎重にやらないと、ほんとに怖い!です(泣)

もともと、顧客様のリピート率は、楽天市場でも上位3位に入ると言われていたほど高かったのですが、

その方々が来て下さらなくなったことで、あっという間に売り上げは文字通り半分に!そして、上昇の兆しも全然ない・・・

焦ります。すごく焦ります!

それまで人気店と呼ばれていたのに、周りの仲間のお店はどんどん大きくなっていく中、リニューアルした美ナチュラルは取り残され、人気店とはだんだん認識してもらえなく。

決定的だったのが、楽天市場では毎年冬に、楽天カンファレンスという大きな会が催され、たくさんの店が集まって勉強したり、楽天のいろんな発表を聞いたり仲間と会ったり。

これに参加中は首から大きな名札をぶら下げていなくてはならないのですが、(ないと声をかけられて、外に出されてしまいます)実はそのネームタグでも店舗の階層が分かる仕組みに。

月商1億円以上売上げたことのある店舗は、ピーチ色
月商3000万以上なら、レモン色
月商1000万以上なら、オレンジ色

という風に、色分けされているんです!

つまり、色がついたネームタグをぶら下げている人たちは、人気店舗、成功店舗としていろんな人が声をかけてくるみたいなそんな感じです。

え?そこまで到達してない店は? はい、シンプルにホワイトです。

なので、みんなオレンジ店になりたくて、年末を頑張ったりするわけです。

美ナチュラルも長らくオレンジ店でしたが、ある年のカンファレンスに行くと、受付で手渡されたのは、ホワイトのネームタグ!

うわ~、とうとう来てしまった・・・!

今年の1月のカンファレンスにも参加したのですが、後学のために連れて行った学生スタッフが「色の違いって何ですか?」と、キツイ質問を。

「えっとね、

月商1億円以上売上げたことのある店舗は、ピーチ色
月商3000万以上なら、レモン色
月商1000万以上なら、オレンジ色

なんだよ。」

「マジですか!? あれ?うち色がない!うわ~~~、それでやる気出させようという楽天の策略か~~」

「見てると、色のある人たちって話しかけられたりしてるけど、うちら、全然声かけてもらえないですね。」

と、さらにキツイお言葉・・・ まさに、ネットショップの下克上の縮図(笑)

と、話がだいぶん逸れましたが、

売上急降下が始まり、毎日、どうやって持ち直すか、そればかり考えて原因を当てもなく調べてみたり、いろいろしてみるのですが、何をどうしたらいいのか、ハッキリと分からないのです。

もう肩こりバリバリ、目も疲労困憊。本当に不安で不安で、まったく眠れません!当時は、睡眠導入剤を使って寝てましたね・・・

今思うと、それは複合的な理由だったと思います。

それまでの店舗運営といえば、顧客様相手に、切れ間なく、お客様が喜びそうなお得なイントを考えて考えて、猛烈な勢いで準備を行って、そして毎日メルマガを書いては送る。

それも一人ですべてこなしていたので、とにかく激務をこなす毎日。当然、お店の改善や、新製品の開拓などの時間はほぼゼロ。

そうなるど、受注担当のスタッフさんも、手を使いすぎてしょっちゅう腱鞘炎に。一人は妹、一人は親友だったこともあり、特に文句も言わず一緒に頑張ってくれました。

そんなバタバタの運営ですから、ページのあちこちに、分かりにくかったり間違った表記、リンク切れしたバナーなどが散乱。

イベントの日時や曜日が間違っていたり、毎日書くメルマガも、誤字脱字、こちらもSALEの日時や曜日がずれていたりと、お客様にイライラさせてしまう店舗運営を行っていました。

だからなのか・・・新規のお客様も少なかったです・・・。

当時、全体のレビューはとても良かったのであまり気付かなかったのですが、その頃の★の少ないレビューを見直すと、泣きたくなるくらい猛烈な批判がいっぱいあります。

そのほとんどが、

「SALEや安売りであおって買わせる、ヒドイ店!」

「そんなに安売りできるなら、定価を下げればいいのに!」

といったもの。

美ナチュラルの製品は気に入っているけど、店の売り方、客に対する姿勢がが悪いだろ!という率直なご意見をたくさんいただいていたのです・・・。

でも、その方法でしか売り上げを作る方法が分からなかった私には、当時、素直にその声に従う事はできませんでした。

複雑なルールのSALEを乱発し、定価で購入するのは馬鹿らしく見える、店の作りは粗末・・・その頃の美ナチュラルを、仲の良かったネットショップに詳しい人に、

「病気」だと、断言されてしまいました。

え、病気・・・?!

本来健康なショップというのは、日々コツコツと欲しい方がご来店になり、定価でも安定してご購入下さるもの。時にセールや限定品があり、楽しいお買物も適時ご提供できる。

なのに、こんなにいい商品で効果もあるのに、セールしないと売れないと思っていた、自信も経験もない未熟な私が店舗運営をしていた。

その私の店舗運営のやり方そのものが病気の元だったと、徐々に気が付いていきました。

私は前回にも書きましたが、父が経営と経理、人事的なことを担当し、私はとにかく販売だけ集中して行っていたので、会社や店舗をもっと伸ばすには、より良くするにはどうしたらいいのかという勉強も知識も圧倒的に不足していました。

そしてもう一つ決定的だったのが、私以外にページを作れる人が一人もいなかったことです。改善したくても手が足りていなかったんですよね。

当時の仲間たちが、中には日本を代表する店舗にまでなった人もいますが、彼らとの決定的な違いは、私が目の前のことだけを追いかける日々を送っていたことと、将来に向けての勉強を怠っていなかった彼らとの違い。

だけど、イベントを続けなくては売上は上がらず、いつか閉店となってしまうかもしれないという恐怖・・・

まさに、悪循環そのもの・・・!

もう、ここは大ナタを振るわなくてはならない!と、意を決してSALE依存になっていた会長と私に挑んだのが、今の副社長。

いや~、勇気ありますね・・・

続きは、次の投稿に!

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top