ホーム > スキンケア教室 > 大人ニキビに悩む方に-07(完結編)

大人ニキビに悩む方に-07(完結編)

こんにちは! (有)美ナチュラル、ミロビーナの木川です。

2020年、本年もどうぞよろしくお願いしますm(__)m

さて、大人ニキビについて、あれこれこまごま、ごちゃごちゃと書いてまいりましたが、いよいよ完結版となります。

ニキビとは、本来、青春のシンボル。

大人になると自然に治る、それがニキビ。

でも、大人になってもできる方の多くは、スキンケアが合っていないことによりますので、正しいスキンケアに戻すことで、劇的に治ることも少なくありません。

でも、間違ったスキンケアをしていないのに、ニキビが引かない場合もよくあります。

今日は、スキンケアだけでは治らないニキビについて、お話ししようと思います。

私は、大人ニキビの原因の多くは、間違ったスキンケアだと思っています。なので、まずはスキンケアを正しいものに変えていただき、治ればそれでOK。

それで改善がされない場合、体についても考えるのが、一番効果的だと思っています。

ただし、その逆の流れはおススメしたくないのです。

ニキビの原因について、まずは体を良くすることから初めて、その後スキンケアに移る、あるいは、スキンケアと体の改善の両方を一度に始めること。

何故なら、正しいスキンケアを身に着けることは、今後のお肌のためにとても大切で、再発防止の観点からも有益なことです。

そして、もし、スキンケアが原因の場合、効果はすぐに出てきます。逆に、良くならなかった場合は、スキンケアが原因ではなかったという事も、割とすぐに分かります。

でも、生活面の改善から始めた場合、すぐには効果が出てきません。なので、そのまま続けていいのかどうかも判断しずらい。

また、生活面の改善と一言で言いますが、改善したい部分の多くは習慣化していて、私たちはその難題に挑戦することになります。

実は、人にとって習慣を変えることはとても大変なのです。

どれもちょっとしたことかもしれませんが、人間の脳はたとえ「ちょっとのこと」でも、「いつものこと」を変えるのがとても苦手。例えば私ですが、朝、コーヒーを飲みながら仕事を始めるのが習慣です。

でも、胃が弱いのでコーヒーを飲むと、気持ち悪くなったり、湿疹が出たりと悪影響があるのに、止めようと思ったところで、1日くらいは何とかなりますが、2日目になると、もうコーヒーのことが頭から離れない・・・!

そんな風に、習慣、しかも好きな習慣を変えるのはすごく大変。

それは私たちの意思をつかさどっている脳が原因。脳は「いつものこと」を変えるのをとても嫌がる性質があり、「さっぱりして気持ちいい」とか、そのことをすると気持ちがよかったり、嬉しかったりといった「快」の結果をもたらすことが伴わないと、それを習慣化させることはとても難しいのです。

三日坊主って言いますが、それって脳的には仕方ないことなんですよね。新しい習慣は、そう簡単に身につくはずがない。脳が拒否してますから。あなたや私の意志が超弱い! というわけではないのです。

と、話しは少しそれましたが、そういう理由でまずはスキンケアを変えてみて、だめなら生活を見直すの順序で行うことを、おすすめしたいと思います。

では、スキンケアで治りが悪い、治らない場合の原因について具体的にお話ししたいと思います。

大きい原因は二つ。ほとんどがこの2つのうちのどれか、あるいはその二つが重なっているのですが、

それは、ストレスニキビと、食べ過ぎ!

ミロビーナにはニキビに良く効くアロマのナチュラルクリームがあるのですが、時々、「これを使って悪化した!もう使わない!」という投稿がされることがあります。

確かに、その方に合わない成分が含まれていて、それが刺激をしたのかもしれません。でも、このクリームを使って悪化したとは言い切れないのです。

基本的に、このクリームはニキビを鎮静させてくれるクリームで、毛穴を塞いだり悪化させる要素はないもの。

たいていは、前の日にチョコレートやケーキを食べたり、ストレスになるようなことがあったり、生理前だったりしています。

まず、ニキビがやたらとできる時には、まずは1週間だけ、食べる量を調整してみてください。特に脂っぽいものは極力減らしてみます。(全然食べないのは×)

中でも、一番ニキビを作る美味しい食べ物が、チョコレート!以前のブログで、私の姪がチョコレートでニキビができちゃった話し、受注担当の優子が書いていました。(優子は私の妹です)

そんなことで、まずは一番犯人の可能性が高いチョコレートを、1週間断ってみて下さい。それで、ニキビが落ち着けば、犯人はチョコレート。

こんな簡単なことで、長年悩んでいた真っ赤なニキビができなくなる方、少なくありません。

仕事の合間に、通勤途中に、ちょこちょこ食べている小さなチョコレート、小さいし、少しずつだからいいかと思ってついついほおばってしまいますが、油分と糖分が極端に多く、特に疲れている時に欲しくなります。

でも、疲れている時は胃腸も弱って、解毒の臓器、肝臓も油分の分解スピードが遅くなっています。

すると、肌はご存じのように排出器官の一つで、体に不要な物を出そうとしますから、お肌から・・・出しちゃうんですよね、体を守るために。

また、チョコレートは本当に罪深くて、私たちはこれを食べるとセロトニンという幸せホルモンが分泌され、なんだかホッとして、とても心地よく感じてしまうんです。すると、あともう1個、あともう1個と、ついつい食べ続けてしまう・・・恐ろしき魅惑のチョコレート。

特に、疲れていたり、ストレスを感じていると、この誘惑に抗うのはかなり大変!

なので、一番は、チョコレートを買わないこと。身の回りに置かないことであきらめがつき、次第に忘れていく・・・そんな方法で、私も以前チョコ断ちに成功しました!(ご参考までに。)

もう一つは、ストレス。

多すぎるストレスは何しろ、お肌にいいこと何もしてくれません。呼吸を浅くするので、酸素不足になりますから、血行も悪くなり肌のハリも失われがち。

そしてお肌は、「胃腸の鏡」といわれるくらい、関係が高く、ストレスで最初にやられるのは胃腸。

「あの人の声を聞いたら、胃がキリキリと痛む」とか、「明日、会社だと思ったら急にお腹が痛くなった」など、ストレスを感じると、即効で胃腸がやられます。

そんなに影響受けやすいのに、そのストレスが一過性ではなく、長期間続けばどうなるか・・・消化不良は健康の大敵で、それが続くと、体には毒素がどんどんたまって悪循環が始まります。

で、お肌は排出器官でもありますから・・・結果、ニキビや湿疹などが発生。

便秘も、ストレスが原因で悪化します。自律神経が乱れ、消化吸収に必要な副交感神経が働きにくくなることで、腸の蠕動運動が不十分になってしまうのです。

便秘は、お肌にとっては最悪の働きをします。大腸は水分を吸収するのが主な役目なので、便が大腸内にとどまっていると、便からそれ以上水分を摂ることができなくなります。

すると、なぜか腸壁から水分を体内に取り込もうとするので、腸壁が乾燥して痛みます。

そしてなぜか人は、腸壁が乾燥すると、お肌も乾燥する仕組みになっていて、お肌が乾燥すると角質が溜まりやすくなるため、毛穴を塞ぎニキビが発生するという悪循環。

もちろん、便が長時間、細菌が好む温度でい続けるわけですから、ばい菌が猛烈に増え毒素を吐き出し、血流にのって体内に巡り、ニキビを悪化せる原因になってしまう。

大腸は体の中で最大のデトックス器官。その働きが不十分だと、二番目のデトックス器官である肝臓がフル回転で老廃物を分解しようとしますから、肝臓が疲れ、ニキビだけでなくシミをはじめとする老化を進めてしまう。

肝臓はデトックス以外に、血液に栄養を送り出す働きもしているので、それが減るとお肌も元気がなくなり老化が進んででしまうのです。

ホルモンバランスの崩れも、ストレスが最大の原因。ストレスは免疫も弱らせますから、アクネ菌やそのほかの雑菌の勢いがなかなか衰えず、ニキビの治りが遅くなってしまいます。

また人は、ストレスを感じると快を求めようとしますから、小さい快をずーっと与え続けてくれる、スマホが手放せなくなります。電車に乗っていても、疲れた顔をしているのに休むのではなく、ずっと画面を見つめている方が本当に多くて心配になります。

スマホは、自律神経を狂わせるのが大得意です。常に目から強い刺激を与え、交感神経を優位にしますから、楽しいけどリラックスができずずっと興奮状態となり、疲れてしまうのです。

交感神経が狂うと、ホルモン、免疫、消化機能のすべてが狂ってきます。

最近は、デジタルデトックスという言葉を目にするようになりました。私も2週間ほど、スマホが壊れて使えなかったことがあるのですが、日に日に体が軽くなって驚きました。

ストレス対策は、人それぞれ。納得いかない今の仕事をやめ、新しい自分を探す。自分を悩ませる人間関係を見直して出直してみるなど、大きなこともありますが、私のおすすめはカウンセリング。

日本でも最近はカウンセリングという言葉を良く聞くようになってきましたが、友人に相談したりアドバイスを受けることで、気分が楽になったり、実際役立つこともありますが、間違った視点から感情的にアドバイスを受けてしまう事も少なくありませんし、深層心理が分かっているわけではないので、表面的なアドバイスで事態が悪化しては元も子も・・・

それに対して、心理学を学んだプロの意見は客観的で役に立つことが多いと思います。(カウンセラーのグレードもいろいろではありますが)

今の家族や友人、恋人との関係がうまくいかず、ストレスが次から次へと襲ってくる、仕事がどうしてもつまらない、人間関係も面倒くさい、

なども、両親の影響だったり、これまでにあった、なにかの出来事が原因だったり、知らずに受けていた言葉のDVだったり、意外と原因は目に見えているところ以外にあったりします。

これも、ニキビと似ている?!

ストレスを癒すのは大変です。時には、プロに頼るのも効果的です。ニキビも治って、その後の人生にも良い影響があるかもしれません。

これからの時代、さらに世界は混とんとし、ストレスとの闘いが強いられる時代になっていきます。そんな時、信頼できるスキンケア、そしてカウンセラーに出会えたら、それは大きな財産と呼べるかもしれませんね。

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ではまた。

追伸:ミロビーナには、ストレスで弱った体を癒す、ニキビケア用ハーブサプリメントがあります。良かったら一度お試しあれ。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top