ホーム > スキンケア教室 > 大人ニキビに悩む方に 05

大人ニキビに悩む方に 05

こんにちは! (有)美ナチュラル、ミロビーナの木川です。

前回、ニキビケアにはティートリーという精油が最適ですというところまでお話ししました。

今回はその続きです。

ティートリーは、オーストラリアの家庭ではユーカリと並び、普通に戸棚に並んでいる、オーストラリア固有のエッセンシャルオイルですが、圧倒的な殺菌力を誇ります。

また、傷ついたお肌を癒し回復を早めるため、世界大戦ではオーストラリア兵士の救急キットに入っていたほど、その効果は信頼性が高いく、科学的な研究も進んでいます。

エッセンシャルオイルというものは、非常に濃縮されているものなので、皮膚に直接塗ることはせず、1%程度まで薄めて使います。

ところがティートリーの場合、皮膚への刺激性が極めて弱く、ニキビに綿棒で直接塗る方法を紹介している人もいるほどです。

ただし、そうは言っても原液を塗るのは基本アロマの世界ではご法度。強い成分を使い続けることで、将来的にアレルギーを引き起こす可能性も言われています。ですので、マイルドなんだという事を、お知らせしたくて書いただけなので、ご自身では行わないようにお願いしますね。

さて、ラベンダーもティートリーほどではありませんが、殺菌、抗菌力が高く、さらに炎症を鎮める効果にも優れています。

あんな優しく爽やかな香りに、こんな効果があると思うと、本当に不思議です。

ラベンダーは、アンチエイジング用のスキンケアには、必ずと言ってよいほど、良く配合されるのですが、それは、細胞成長促進効果があるからです。

肌老化とは突き詰めると、新陳代謝が衰えること。傷んで傷ついたお肌を新品に取り換える機能が衰えることです。

つまりこれは、ニキビで傷ついたお肌を修復し、ニキビ跡の予防や、できてしまった色素沈着の回復にも役立つのです。

この、ティートリーとラベンダーのアロマをブレンドすると、万能軟膏、万能クリームを作ることができます。アロマテラピーを習ったことがある方なら、手作りクリームでは必ずといってよいほど、習うレシピです。

もう一つ、日本の沖縄にもティートリーと似た効果を持つハーブがあります。それは月桃(げっとう と読みます)。

月桃からは生姜科の植物で、独特なスパイシーな香りの中にわずかにフローラルな香りを放つ、複雑な香りのエッセンシャルオイルが取れます。質の高い芳香蒸留水を取ることもでき、ニキビケアにもよく使われます。

この月桃は、ティートリー以上に高い殺菌、抗菌作用がある上に、炎症を鎮める効果が抜群で、しかも、刺激が極めて少なくとてもマイルド。そのあたりもティートリーと似ていますね。

さらに、ラベンダーの持つ、細胞成長促進効果と、抗酸化作用がとても高いために、美白効果が高く、できてしまったニキビ跡にも効果を発揮します。

つまり・・・月桃にはティートリーとラベンダー、両方の効果があるわけなのです。

ミロビーナでは、この3つのハーブを用いた製品を色々取り揃えていますが、月桃の万能性には、正直・・・惚れ込んでます(笑)

他にも弱ったお肌を刺激せずケアするハーブやスキンケアオイルがいくつかあるので、ご紹介します。特に代表的な物がこちら。安心して使えるものはこのあたり。

精油:カモミール(消炎、回復)、ローズ(消炎、回復、アンチエイジング)
保湿:セサミオイル(消炎、回復、美白、アンチエイジング)、スイートアーモンド(美白。酸化に注意)、ホホバオイル(消炎、回復)ミツロウ(抗菌、消炎、保湿、保護)

オイルはどれも、毛穴を塞ぐことのない軽いオイルばかり。それでも保湿力はあるので不思議です。もちろん、オイル焼けなどせず、逆に美白効果や紫外線防止効果がSPS5程度あったり。

これらを効果的に配合した、100%ナチュラルで、できる限りオーガニック、無農薬無化学肥料の原料で作った、保存料もゼロの、スキンケアを使えば、きっとお肌の調子は上がってくるはず。

ただし、エッセンシャルオイルを原液で使うのはおススメしませんが、1%濃度程度では炎症を起こして元気いっぱいのニキビケアには、効果があまり出ません。

エッセンシャルオイル濃度が2%弱くらいはないと、劇的な効果が見込めないのです。

また、できれば長時間、お肌の上で作用して欲しいので、すぐに揮発してしまう原液塗りはますます効果が見込みにくく、保香効果のあるクリームやオイルに混ぜたものをスキンケアとして使ってもらえると良いと思います。

ミロビーナでは、ティートリークリームという、ニキビケアに大変人気の高いクリームがありますが(もともとは肌荒れケア用だったのですが、ニキビが治ると評判になり今やニキビケアクリームとして人気)、よく見るとそれにはニキビケアに必要な要素が揃っています。

・弱ったお肌を保護し、保香するミツロウ
・炎症を鎮めるカモミール、ティートリー、ラベンダー配合
・悪玉菌を殺菌する、ティートリーを高濃度で配合
・お肌に潤いを与え、回復を早めるホホバオイル、スイートアーモンドオイル、セサミオイル配合

ニキビのケアは、ニキビという皮膚病を治すのが目的ではありませんよね。

美しい素肌になるのが最終目的。

だから、病院でもらう薬で、ただ殺菌すればよいだけではなく肌を美しく整えながら、自然に炎症を落ち着かせ、潤いに満ちがお肌に変えて行くことで、新しいニキビもできにくい状態に持っていくことが大切だと思います。

そのためには、こうした質の高いナチュラルクリームの活用は有効です。

ただ、せっかくいいクリームを使っても、なかなか治らないことがあります。それは・・・

またもや、お時間です。

続きはまた次回!

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ではまた。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top