ホーム > スキンケア教室 > キレイになれると思ってたのに。毛穴の黒ずみ作るクレンジング

キレイになれると思ってたのに。毛穴の黒ずみ作るクレンジング

こんにちは!(有)美ナチュラル代表の木川です。

ミロビーナでは、固形石鹸での洗顔をとても大切に考えています。今日は、本当にキレイになれる洗顔について、考えてみたいと思います。

という事で、今日はその第2弾です。

私たちが長年積み重ねてきた経験から、見つけ出した

「キレイになれる洗顔方法」を、ぜひ、あなた様もマスターしていただき、湯上り卵肌目指してもらえたら嬉しいです!

さて、前回、

1)一日2回、朝起きた後と、一日過ごした後の夜の2回、洗顔する。

2)固形石鹸を使うこと。洗顔フォーム、ジェルなどはお肌を荒らす原因です。

3)毛穴が気になるからと言って、ディープクレンジングと称して、洗い流せるタイプのクレンジングは一切使わないでください。

4)十分に泡立てて、洗浄成分が残らないように、完全にすべて洗い流します。

5)顔を拭くタオルは、できるだけお肌に刺激の少ない柔らかいものを。また、柔軟剤や香料の入っていないもので。

の5つご紹介し、そのうち、

1)一日2回、朝起きた後と、一日過ごした後の夜の2回、洗顔する。

と、

2)固形石鹸を使うこと。洗顔フォーム、ジェルなどはお肌を荒らす原因です。

を、詳しくご説明しました。

では、

3)毛穴が気になるからと言って、ディープクレンジングと称して、洗い流せるタイプのクレンジングは一切使わないでください。

についてですが、どうして使ってはいけないのでしょうか?

私にも、お年頃の娘がいますが、私と肌質が似ているのか、他はきめ細かいのに、鼻の周りだけは、毛穴の黒ずみが目立つタイプ。(私も若いころはイチゴと呼ばれていました(*´Д`))

お年頃ですから、ファンデーション以外のポイントメイクはばっちりするので、落ちの良い合成の強いクレンジング料を最近使い始めまして・・・。

ファンデーションは、私が肌を傷めるから!と、うるさく言うのでめったに使わないのですが、どこからか仕入れてきた情報で、毛穴の黒ずみにはクレンジングで汚れを溶かして浮かせるべし

というように、思っているようで、自然と鼻の回りに伸ばしているのです。その他にも伸ばしていたので、

これまで、傷めないように自然のものでお手入れさせてきてましたので、隣でそれを見てびっくり!

「そんなの使うと、もっと毛穴が開くよ! そんな強いの使ってたら、肌が傷むよ!」と。

最近のメイクは、本当に進化していて、マスカラなんかは本当に取れませんよね。ファンデも、ナノ粒子を使いお肌にすごく密着してキレイに見せてはくれますが、崩れにくいということは=落としにくいということですから・・・。

(ナノ粒子についても、一言いいたいのですがまたどこかで)

専用のクレンジングや、なんでも落とせます!とうたっているような、強い合成界面活性剤を使っているクレンジングを使うことに、どうしてもなってしまうのですよね。まあ、化粧品会社はそう仕向けているのですけど。

お肌は、合成界面活性剤によって、バリアゾーンが溶かされて徐々に壊されていきます。合成界面活性剤は、ただ、刺激が強くて、お肌に刺激を与えて炎症を起こす原因になっているだけじゃないんです。

バリアソーンが壊されていくと、潤いを蓄えておく層にダメージが起きて、乾燥肌になっていきます。

乾燥肌という言い方をしているのには、理由があります。それは一時的に乾燥しているということではなく、自分のお肌は、乾燥タイプの肌になってしまったという事を意味しています。

乾燥タイプのお肌になってしまったことに、意外と人はすぐに気づきません。いつもと変わらないお手入れをしばらくは続け、その間にますますお肌は乾燥してしまい、

とうとう、ゴワゴワしたお肌に!

ご自分のお肌は、いつでもふんわりと柔らかいですか? もしかして、ゴワゴワとして分厚く、表面は少しざらざらとしているかもしれません。

もし、ゴワゴワとして分厚い、もしかしてザラザラまでしているという事でしたら、あなたのお肌は間違いなく傷んでいます。

他の原因も混ざってはいますが、合成界面活性剤の使用によって今の状態に育ててしまった可能性が高いのです。

少し、娘の話に戻りますが、合成界面活性剤でお肌が乾燥し固くなると、毛穴の開きが固定されていきます。娘のお肌は今そんな状態がやや進んだ感じ。

お肌にふんわりと柔軟性があれば、閉じたり開いたりは簡単ですよね?でも、乾燥して固くなったお肌は、毛穴を閉じることができなくなっていき、開きっぱなしに・・・。

しかも、乾燥したお肌表面というのは、本来剥がれ落ちているべき古い角質層に覆われている状態、ということになりますが、それが途中で毛穴に落ち込んで、皮脂と混ざって固くなり、表面が酸素に触れて酸化して黒く!

イメージは、砂浜に「落とし穴」を作ったとします。日がどんどん当たって、壁になっていた砂が少しずつ穴に落ち込んでいきます。そこに、下からじわじわと何か、セメントのようなものが湧いてきて、とうとう固まってしまう。

砂=角質、じわじわ出てくるもの=皮脂 だと思うと、イメージできますか?

(ちょっと変な例えでごめんなさい!)

「キレイにな~れ」と思って、何気なく気になる毛穴汚れに塗っていた、クレンジング料が、実は、お肌の老化にも結び付く、大変な悪さをしていたのです。

そんな、乙女心を裏切っているにっくきメイク落とし、クレンジング料を見極める方法は、

「水に溶けるか」ということ。

つまり、くるくるやって、最後、ぬるま湯で洗い流せる。白くなって洗い流せるもの。その油のはずなのに、水に溶けて洗い流せるのは合成界面活性剤の特徴です。

まずは、油的な性質で油性のメイクを溶かし、今度は水にも溶ける性質で乳化させ洗い流していく。

ほとんどの方が、この洗い流せるメイク落とし、クレンジング料を使っているのではないのでしょうか?

ええ、お風呂でサッと使えるし、日本人が大嫌いなベタベタが残らなくって、本当に便利なんです。

でも、そんなべたべた嫌いは、きつい言い方で申し訳ないのですが、致命的。

もう一つ、シートタイプや、コットンに浸してサッとメイクを落としてくれるタイプは、もっと強いタイプで、危険度大。だって、水が油性のメイクを落とせるはずないですよね。

オイルクレンジング

ミルククレンジング

クリームクレンジング

シートタイプ

リキッドタイプ

どれも、合成界面活性剤がメインのクレンジング料です。

鼻の毛穴の黒ずみには、本物の植物オイル、スキンケアオイルを使いましょう。

お肌を柔らかくして、毛穴の汚れを少しずつ溶かし出してくれます。

その後、100%ナチュラルな、純石鹸で洗えば、べたべたなんてちっとも残りません。オイルを塗った後に、ティッシュオフもいりません。ベタベタ、てかてかした状態のまま、洗えばいいのです。

よーく見ると、いつもよりお肌が喜んでいるのが分かるはずです。

またまた、長くなりました! あなた様のお肌のお悩みが少しずつでも解消していきますように。

続きは、また次回に!

ではまた!

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top